【お得に口座開設】仮想通貨の取引所のキャンペーンまとめ!

リップル(XRP) アメリカメキシコ間の国際送金を2018年初旬に目指す。10月の様々な重要ニュース。

リップルが6日韓国にてミートアップをしました。 日本でリップルのミートアップ(SOLD OUT)も10日に行われる予定です。

また、SWELLが先月行われ、SWELL後は一時SWEL前の価格まで下落しましたが、現在はまた徐々に価格を伸ばしつつあります。

10月には様々な重要ニュース一覧

  1. リップル仮想通貨トークンXRPを使用しているxRapidを活用した世界で初めての実送金に成功
  2. Rippleはネットワークの取引量拡大とXRPの有用性向上のために、3億ドルのRippleNet拡大促進プログラムを設立
  3. RippleNetに参加する企業が100行を超える
  4. ビル・ゲイツ財団と提携、発展途上国の銀行口座を持てない貧しい人々でも決済可能にするプラットフォームを構築
  5. リップルが開発したILPがW3C(World Wide Web Consortium)の決済標準規格になる可能性

東京のミートアップが10日に控える中6日に終えた韓国ミートアップでは、新たなリップル情報が発表されました。

リップルのゴールは、2018年以降より多くの場所で国際送金としてXRPが利用されます。今回そのステップとして、アメリカメキシコ間での国際送金を2018年初旬までに目指していることが韓国のミートアップにて発表されました。

XRPは国際送金では最も将来的に実用的な通貨の一つであります。

XRPリアルタイム追跡国際送金が、もし実現しましたらさらなる価格上昇が見込まれ、今後の送金業界全体に大きな影響を与えるでしょう。