【お得に口座開設】仮想通貨の取引所のキャンペーンまとめ!

ビットコイン、仮想通貨に窃盗被害でも最高値更新。

ビットコインが21日、最高値を更新。別の仮想通貨テザーに3100万ドル(約35億円)の窃盗被害が発覚、デジタル通貨の安全性を巡る懸念再燃で一時5.4%下げる場面もあったが、結局反発した。

テザーの運営会社がウェブサイトで同日明らかにしたところによると、テザー・トレジャリー・ウォレットからこの金額相当のトークンが19日に引き出され、未承認のビットコインアドレスに送金された。同社は盗まれた通貨の利用を防ごうとしているとも説明した。

一方、仮想通貨に投資するヘッジファンドを開始しようとしているマイク・ノボグラーツ氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、ビットコインは値上がりを続け、1万ドルで今年を終えると予想した。同氏のコメント後、ビットコインは8374ドルまで上昇した。

とはいえ、テザーに起きた事件は、デジタル通貨に金融の主流部分を委ねても問題ないほどの安全性が備わっているのかという論争をウォール街で巻き起こしそうだ。

コインマーケットキャップ・ドットコムのデータによると、時価総額6億7500万ドルのテザーは世界で20番目に大きな仮想通貨。テザー運営会社によれば、テザーは複数の法定通貨に100%裏付けられている。

テザーがビットコイン生態系の一部となった背景には、ドルやユーロ、円などに対する取引を後押しする事情があると、香港の仮想通貨デリバティブ(金融派生商品)取引所ビットメックスのアーサー・ヘイズ最高経営責任者(CEO)は話す。

多くのビットコイン取引所は、マネーロンダリング(資金洗浄)対策と顧客管理の厳格化を求める規則により、こうした法定通貨を持つのに必要な口座を開けずにいたからだ。ヘイズ氏は「根本的な不正アクセスがテザーに対してあるなら、多くの取引所にとって非常に大きな問題になる」と述べた。

出典:Bitcoin Recovers to Set Record After Hack of Crypto Peer Tether、Mike Novogratz Says Bitcoin Will End the Year at $10,000

考察

この様な事件があっても、一時下げただけで、ビットコインは上昇基調です。