【お得に口座開設】仮想通貨の取引所のキャンペーンまとめ!

ビットコインの採掘は2140年に発行上限に達する?

ビットコインの信頼性・安全性を担保している根幹技術「ブロックチェーン」は、約10分ごとに取引データをブロックにしてチェーン状につなげて行く仕組みで、ブロック同士をつなげる作業をマイニング(採掘)といいます。ブロックをつなげるために必要な答えを高度な計算を行なって導き出すしますが、この計算には高性能なコンピュータと膨大な電気代が必要です。

金とビットコインの入手方法は異なりますが、ビットコインを入手するマイニングと金の採掘は似たイメージです。

ビットコインもマイナー(マイニングする人)によって約10分ごとにマイニングされて少しずつ増えている。金はすでにたくさん掘り出されたため、昔より現在の方が採掘は難しくなってきているのと同じ様に、今後はビットコインもマイニングが難しくなっていくものと思われます。

ビットコインが誕生した当初は、マイナーへの1回のマイニング報酬は50BTC(ビットコインの通貨単位)でしたが、現在は12.5BTCと4分の1になっています。

そして、2140年頃に692万9999番目のブロックが作られると、ビットコインは発行上限である2100万BTCに達し、それ以上マイニングできないと決められています。

この様に、ビットコインは発行上限が決められています。