【お得に口座開設】仮想通貨の取引所のキャンペーンまとめ!

ビットコインダイヤモンド(BCD)とは?取引所・価格・購入方法まとめ。

ビットコインダイヤモンド(BCD)とは?

いきなり分裂すると話題になったビットコインダイヤモンド(BCD)ですが、どの様な仮想通貨なのでしょうか?

基本性能はビットコインなのですが、詳細は下記の通りです。

名称:ビットコインダイヤモンド
通貨単位:BCD
ハードフォーク予定日:11月25日
ブロックサイズ:8MB(BCHと同じ)
供給量:ビットコインの10倍
付与額:1BTC→10BCD
リプレイアタック対応済み

ここで注目すべきなのは、今回のハードフォークにより、ビットコインの所有量に対して10倍の量のビットコインダイヤモンドが得られることです。

ビットコインダイヤモンドは先物価格で4,000円程度ですが、10倍分もらえるので、1ビットコインにつき4万円のプラスが期待できます。

また、ビットコインダイヤモンドはリプレイアタックに対応済みでB2Xのハードフォークの時のような危険性はないことで安心できると思います。

ビットコインダイヤモンドの価格・付与条件・取引所は?

取り扱っている取引所なども限られているため、ハードフォークによる付与を期待しているのでしたら、配布を公表している取引所にビットコインを入れておきましょう。

ハードフォークするタイミングは、ブロック数が495,866になったタイミングで、予定では11月25日、早まって24日です。

bitFlyerやcoincheckなど国内の取引所ではビットコインダイヤモンドの取扱を表明していませんので、そちらにビットコインを預けていても配布はされません。

ビットコインダイヤモンドの取り扱いを公表している取引所は下記の通りで、その中でもBinanceが付与を行うと正式に発表しています。

ハードフォークによってビットコインの10倍のビットコインダイヤモンドが欲しいという場合は早めにBinanceにビットコインを入れておくと良いでしょう。

icon-external-link Binance登録はこちら

ビットコインダイヤモンドは「EXX.com」という取引所で先物価格の取引が行われていますが、価格は32ドル前後を推移しています。

ハードフォークをして、分裂してすぐ1BTCあたり、3、4万円ほど手にできると思います。

ビットコインダイヤモンドの次の仮想通貨は?

ビットコインがハードフォークしてビットコインダイヤモンドの誕生に続き、続々と別のハードフォークが控えております。
日程は下記になります。

ビットコインシルバー(12月予定)
スーパービットコイン(12月17日前後)
ビットコインプラチナム(12月1日前後)
ビットコインウラニウム(12月31日前後)
ビットコインキャッシュプラス(18年1月予定)
ビットコインアンリミテッド(不明)

連続したハードフォークでビットコインの信用が失われるのではないか、ビットコインキャッシュがビットコインに取って代わるのではないか?と言われています。

 

ビットコインダイヤモンドの付与を狙う方はBinanceにビットコインを入れてみてください。
まとめ

まとめ

・基本的な機能はビットコインと同じだが、注目すべきなのは、1ビットコインに対して10倍のビットコインダイヤモンドが付与される。

・ビットコインダイヤモンドの付与を得るには、海外の取引所であるBinanceにビットコインを預けておく必要がある。