【お得に口座開設】仮想通貨の取引所のキャンペーンまとめ!

COMSA(コムサ)トークン(CMS)が、2017年12月4日にZaif取引所に上場!

これからのCOMSAトークンの配布スケジュール

COMSAトークンの配布スケジュール

COMSAトークンの配布スケジュールは、下記の通りとなっています。

  • CMSトークン受取用アドレス登録開始 11月27日
  • CMSトークン配布開始 11月30日

COMSAトークンの取扱ウォレット

また、COMSAトークンの取扱ウォレットは、下記の通りです。

  • 仮想通貨取引所Zaif(XEM : mosaic、ETH : ERC20)
  • Nano Wallet(XEM : mosaic)
  • MyEtherWallet(ETH : ERC20)

COMSAトークンのZaif取引所への上場日

「CMS:XEM/JPY」、「CMS:ETH/JPY」の取引は、2017年12月4日(月)から始まるみたいです。

ALISの初値と値動きについて

ALISは、東京を本社とする株式会社ALISが発行元となって、9月1日(金)~29日(金)にトークンセールが行われました。

日本初のICOとして話題になっていました。トークンセール開始から4分で1億円を調達しました。

調達額は4.5億円(37,604,612 ALIS分:1 ALISは12円)でした。

一時、87円まで上昇しましたが、現在(11月末)は、ICO価格12円から3倍以上となっています。

ALISは、CryptopiaやCoinExchangeなどで取引ができます。

QASHの初値と値動きについて

QASHは、シンガポールを本社とする仮想通貨取引所QUOINEXが発行元となって、11月6日(月)~8日(水)にトークンセールが行われました。

調達額は124億円(3億5千万 QASH分:1 QASHは35円)で、COMSAの109億円を抜きました。国内では最大規模のICOでした。

ICO価格は、35円で現在(11月末)は、153円とICO価格35円から4倍以上となっています。

QASHは、QUOINEXQryptosに上場していて、12月1日(金)には、BitfinexBinanceCEX.IOの3取引所で上場予定です。

COMSAトークン(CMS)の売買は「Zaif」で!

COMSAを購入できる取引所は最初は「Zaif」のみだと思います。

COMSAトークンを売却する際にも「Zaif」でする必要があるかもしれません。そのため、「Zaif」のアカウントをまだお持ちでない方は開設しておくことがおすすめです。

【zaif(ザイフ)の口座開設はこちらから】
Zaif

>> zaif(ザイフ)の詳細はこちら