【お得に口座開設】仮想通貨の取引所のキャンペーンまとめ!

<仮想通貨>交換業務国内大手「ビットフライヤー」が米国に本格進出!

仮想通貨「ビットコイン」などの交換業務を行っている国内大手「ビットフライヤー」(東京都港区)は29日、米国子会社「ビットフライヤーUSA」がニューヨーク州金融サービス局のライセンスを取得したと発表した。米国子会社は米国内計42州で交換業務の許可を得ており、28日から本格的な交換サービスを始めた。

ビットフライヤーUSAの加納裕三CEO(最高経営責任者)は「米国で最も影響力のある金融当局の一つであるニューヨーク州金融サービス局のライセンスを取得し、事業を開始できることを光栄に思う」とコメントした。

ビットフライヤーUSAは2016年に設立され、今年9月から米国内で一部サービスを行っていた。

ビットフライヤーとは?

仮想通貨でビットコイン(bitcoin)、イーサリアム(Ethereum),ライトコイン(litecoin)など、世界的に有名で安定性のある通貨を取り扱うなら、手数料も安いbitFlyer(ビットフライヤー)が初心者から上級者にオススメです。

特に仮想通貨をはじめて持つ方はビットフライヤーが一番オススメしたい取引所になります。ビットフライヤーは比較的新しい仮想通貨の取引所ですが、大手の企業から出資を受け取っており、現在は他の取引所に比べて急成長を遂げている日本で有名な取引所になります。

日本での取引所のなかでは資本力はトップクラスになります。

【無料口座開設はこちらから】
bitflyer

>> 詳細はこちら