【お得に口座開設】仮想通貨の取引所のキャンペーンまとめ!

仮想通貨ICOとは?ICOの案件を、一覧で騰落率順に確認できるサイト。

ICOとは?
仮想通貨の「ICO」は「Initial Coin Offering」の略で「クラウドセール」の事です。

仮想通貨の「クラウドセール」とは「トークン」と呼ばれる仮想通貨を発行し、それを販売することで開発費や研究費を調達する方法です。

株式を発行してそれを購入してもらうことで資金を調達するのと同じような意味になります。(

いわゆる仮想通貨を発行して資金を調達するという資金調達の方法の事です。

発行者のメリット

ICOを行う側のメリットは、資金調達ができるというところにあります。

通常、資金を調達するには色々な方法がありますが、基本は誰か特定の企業や銀行等に資金調達の依頼をしなくてはなりません。

認められるようなプロジェクトであれば、資金を調達できる可能性は高まりますが、必ずしもそういう人達が資金調達をしたい訳ではありません。

そこで、ICOを行うことで多くの方に広く募集することが可能になります。

独自トークンを発行するわけので、そのトークンの時価が資金を出した側のキャピタルゲインになります。

ICOによりプロジェクトを広めてる事でそのトークンの時価を上げることでインセンティブが生まれます。

 

トークン購入者にとってのメリット

トークンを購入することによってプロジェクトが成功して、トークンの時価が上がる事が最も大きなメリットになります。

もし、トークンが高騰すれば億万長者になる可能性もあります。

また、ICOの先行販売(プレセール)での購入が早ければ早いほど、安くそのトークンを購入できることが多いです。

しかし、ICOはサービス開発前に資金を集めるので実際に開発が行われないといった詐欺めいたICOも存在します。

資金を集めるだけ集めて逃げてしまうICO実施者もいるので、参加する際には注意が必要です。

ICOでは「ホワイトペーパー」と呼ばれる企画書が公開されていますので、それを読んで実現可能かどうか確認しましょう。

こちらサイトでは、ICOプロジェクトをリスト化し、直近の価格変動やICO時のドル/BTC/ETH価格と現在のコイン価格を比較することができます。

ここで表示されているROIとは、Return On Investmentの略で、「投資利益率」「投資収益率」などと訳されます。

つまり、投下した資本に対して得られる利益の割合を示す指標です。

このサイトを見れば、今までのICOの中でどれが一番リターンが高いのか、どれが失敗したかなどをランキング形式で確認できます。