ビットコイン(仮想通貨)を決済システムで使用するメリットは何ですか?

決済システムとしてビットコイン(仮想通貨)を使用するメリットは何ですか?

ビットコインによる決済システムのメリットとは?

法定通貨による現行の銀行システムの決済と比べて、ビットコインを使用した決済システムには多くのメリットがあげられます。
メリットは、購入側と販売側にありますので説明していきます。

ビットコインは現行の銀行よりもメリットが多い

  1. 一般的に10分以内に取引確認が可能。
  2. 国際支払で一度取引が行われても、キャンセルが可能
  3. ブロックチェーン技術による強固なセキュリテー
    (預け入れ先のセキュリテーの心配ない)

販売側のメリット

  1. 決済の処理手数料を支払うのは、購入側のみ。販売先は支払う必要がない。
  2. 購入側の負担も、現行の決済ネットワークより手数料が安く抑えられる。
  3. 大規模な支払いで効果が発揮される。
  4. 支払額の大きさに関係なく、決済を簡単に行うことができます。いくつかの現行の支払い処理ネットワークにおいては、より大きな取引のために高い料金を請求されるか、そうでない場合でも、高額な初期投資を必要とします。

購入側のメリット

  • 国際取引でも、10分程度で送金が確認できる。
  • 送金までに時間がかかってしまうと、販売者に頻繁に連絡を必要とします。高い料金を支払って国際電話をする必要がなくなります。

  • 財布の管理がPCやサーバー上で行える
  • ビットコインを入れておく財布(ウォレット)は、アンドロイド、アップル、PCなどあらゆる電子機器を使用することが可能。さらにその財布は、USBメモリースティックにデータを入れておけます。

      ビットコインの財布の種類

    1. デスクトップウォレット(PC上の財布)
    2. ウェブウォレット(Web上の財布)
    3. モバイルウォレット(スマートフォン上の財布)
    4. ペーパーウォレット(紙に印刷された財布)
    5. ハードウェアウォレット(専用財布端末)
    6. *さまざまな形式があり、 各形式でセキュリティの高さや利便性が異なる。

    安心のエスクローサービスがある

    ビットコイン取引ではエスクローサービスが可能となり購入側を保護します。買い手と売り手は、各財布に1つのキーを保持し、信頼できる第3者には、3番目のキーを保持。問題がある場合は、この人が仲介し、いずれかの資金を返すために買い手に自分の鍵を与える、または売り手は自分の財布にそれらに彼らの資金を提供することができます。

    要するに売買する上で、販売側と購入側とで直接金銭をやりとりすると、
    「購入が完了したのに、代金が支払われない…」
    「代金を支払ったのに、商品が送られてこない…」
    といった問題が起こります。

    問題を未然に防止するため、第3者がいったん売買代金を預かり、商品の発送が完了したのち、販売側に代金を支払いしてくれるサービスです。

    商業取引におけるビットコインの将来

    主要な決済ネットワークのコストを抑えられ、さらに、ビットコインの財布をもつためのランニングコストがかかりません。中央集権で管理するものと違って分散型の性質のため、ビットコインは商業取引を変革し、簡単に国際間の取引を可能にしてくれるでしょう。

    このことは、購入側と販売側の両方のメリットです。

    潜在的なデメリット

    ビットコインは新興技術で商業を変えてくれる可能性を秘めていますが、潜在的デメリットもあげられます。

  • エスクローサービスを使わないで発生してしまう詐欺のリスク
  • 法定通貨と違って大きく値動きする価格変動リスク
  • お金の動きがまだ完全に国税務当局に理解されていない。
  • まとめ

    商業取引の新興技術となるビットコインは、今後も大注目です。現在はビットコインの値段が大きく変動していますが、落ち着きとともにいっそう普及していくことでしょう。