投資Beginnersにとってビットコイン(仮想通貨)投資を始めやすい4つの理由

将来のために投資をしよう!といざ思い立っても、投資対象は様々です。株式投資、国債、投資信託、不動産投資、iDeCo…何に投資をするのがいいのか分からないという方は多いでしょう。

しかも投資といったら、結構な額のまとまったお金が無ければ始められないというのもハードルが高く手が出せないという要因です。

仮想通貨の投資なら、今までの金融になかった投資魅力がある。

仮想通貨の投資なら、今までの金融になかった投資魅力があります。

その魅力は以下の点です

  1. 少額から始められる
  2. 将来的に価格が上昇しやすい
  3. 他の投資商品よりも大きな利益が出る
  4. 年中無休でいつでも取引できる

少額から始められる

株なら10万円〜、投資信託なら5万円〜、不動産投資なら1,000万円〜、金なら30万円〜、おおよそこれくらいの額が最低でも必要になります。

いっぽう仮想通貨は、ビットコインであれば1BTC=時価で約100万円ほどですが、取引所によっては0.0001BTCから取引できるので100円あれば取引を始められます。

これほど少額の投資商品はありませんね。

パチンコやスロットや競馬をするよりも断然リスクが少ないと言えます。
投資というと、敷居が高いイメージがしますが、身の丈のあった額を自分で決めてできるので、仮想通貨投資は初心者でも始めやすい投資と言えます。

将来的に価格が上昇しやすい

他の投資商品よりも大きな利益が出る

2017年において、株価の上昇率は、1位RIZAPが約6.77倍、2位安川電機が1.75倍、3位ダイフクが1.61倍です。
仮想通貨の上昇率は、モナコインが400倍、リップルが342倍、ネムが289倍という右肩上がりで、株価とは比較にならないくらいの上昇率になっています。

「もうこんなに上昇していたら頭打ちじゃない?」「コインチェックの件で下がったでしょう!」とお思いの方も多いと思いますが、仮想通貨自体はまだ普及し始めたばかりです。
マウントゴックスの件の後も、ビットコインは値上がりしましたが、数年を経て今現在のように値上がりしています。

今後、国際社会交流はより活発化してくるものと思われます。そこに必要なのは国境なく気軽に使える貨幣ですね。仮想通貨はその役割を果たすものとなるでしょう。

そして、2020年の東京オリンピックに向けて日本もそのような整備に力を入れるようになるでしょう。
そうなると、仮想通貨の需要がどんどん増えることが予想されるため、さらなる価格上昇の可能性は高まります。

仮想通貨は、発行上限が決まっていて、時間が経つと発行量が半減していく仕組みになっています。
金の埋蔵量が決まっていて、欲しい人が増えてきたら金の価格が上昇するように、仮想通貨もそのような構造になっていて、「仮想通貨を買いたい!」と思う人が増えると価格が上昇しやすい仕組みになっています。

そのようなことで、ビットコインはわずか5年11ヶ月で1,000倍以上にまでなったのでしょう。

将来のことなんて誰にも分からないんです。リスクを考えれば、仮想通貨に限らず投資全てにリスクはあります。ただ、価格上昇という成果をてにするためには、早めに仮想通貨を持っていた方がその可能性は高まると言えそうですね。

年中無休でいつでも取引できる

株式取引は、証券取引所が開いている時間だけしか取引できません。FXのような為替取引は24時間取引できますが週末はできません。

仮想通貨は、ほとんどの取引所が年中無休で動いているのでいつでも取引できます。

どんなライフスタイルの人でも、時間を気にせず取引ができるのは大きなメリットです。

まとめ|投資Beginnersにとってビットコイン(仮想通貨)投資を始めやすい4つの理由

  • 少額から始められる
  • 将来的に価格が上昇しやすい
  • 他の投資商品よりも大きな利益が出る
  • 年中無休でいつでも取引できる
  • コインチェック取引所の顧客資金の流出があったばかりで投資ってありえないぞとお思いの方は、以上の4点を踏まえて投資を検討してみてはいかがでしょうか。