仮想通貨取引所の「取引所」と「販売所」の違いが言えない人は絶対読んで!

これから仮想通貨を購入したい人に向けての記事です。

「仮想通貨はどこで買うの?」と疑問に思っている人は、「取引所」と「販売所」の違いを理解して、うまく使い分けができるようにしましょう。

仮想通貨を手に入れるには、取引所(別名、交換所)または販売所のどちらかで購入(売買)します。初心者は使い勝手の良く購入しやすい販売所を選びがちですが、売買手数料がほとんど発生しない取引所で売り買いをしていくにつれて、結果として満足のいく取引ができるようになります。暴落時や暴騰時にメリットがある販売所の特徴もしっかり理解して、うまくこの2者を使い分けましょう。

まず、2者の違いを理解するには『誰と取引をするのか?』という観点で考えるとわかりやすくなります。

    ポイント

  1. 取引所:証券取引所のような場所と同じで仮想通貨口座を開設したユーザー同士で売買するところ
  2. 販売所:販売者が提示した仮想通貨価格に手数料を上乗せした価格のものを販売しているところ

ユーザー同士で売買する「取引所」

取引所は証券取引所のような場所と同じで、仮想通貨口座を開設したユーザー同士が売買するところです。別名「交換所」とも言われ、仮想通貨を買いたい人と売りたい人が集まる場所です。

例えば、1BTC=99万円で買いたいと思っている人がいても、1BTC=100万円じゃないと売りたくないと思っている人たちだけだと、ビットコインの売買は成立せず、ビットコインを手に入れいることができません。逆に、手放すこともできません。

なので株式や為替と同様に、売り板と買い板があり、お互いに「いくらで売りたいか」「いくらで買いたいか」が合致した時に取引が成立する仕組みなのです。

安く購入できるのは「取引所」

指値注文ができる

株式や為替と同様に、売り板と買い板があるのでトレード次第では、安いところを見計らって購入することができます。自分が任意に決めた価格で取引できる「指値注文」(読み:さしねちゅうもん)をうまく使いこなしましょう。

指値注文をする上で注意が必要なことは、その価格にならなければ「約定」(読み:やくじょう)しないので価格が急上昇して購入機会を失ったり、売りたくても指定した価格では時すでに遅く、下落相場に取り残されるリスクがあります。すぐに仮想通貨を買いたい、売りたい人には向いていません。

成行注文ができる

すぐに売り買いしたい人は、「成行注文」(読み:なりゆきちゅうもん)を利用しましょう。指値注文と違って価格を指定しない成行注文は、すぐに約定することができます。

買い板に並んだ価格(一番安く指値注文した人または同時に成行注文した人)で取引するので、ショーケースに並んだ商品を大人買いするようなイメージです。現在提示している価格よりも高い価格で買ったり、低い価格で売ることになる可能性があるので注意が必要です。

取引所のデメリット

  • 自分が提示した価格にならないと取引が成立しない
  • 買いたい数量が買えるとは限らない
  • 暴騰時や暴落時はアクセスが集中してサーバーがダウン。取引できない事態に陥ることもある
    この時のテクニックとして、販売所で取引する

    取引所のまとめ

    取引所は、自分の売買したい価格を提示できるので、先見の明があれば、急がずとも納得のいく価格で売買できます。ただし、仮想通貨は価格変動率が非常に高いので、高騰した時に売りたい!下落しているなら抜けたい!と思う人が集中し、売買不成立になることが多く売り抜けできなくなってしまうことがあります。

    暴騰時や暴落時に直面した場合、売買できなかったら後で後悔してしまうので、急いで取引した方が良いケースもあるのです…

    売れない!買えない!という時は販売所を利用すれば解決します!

    取引所と売買する「販売所」

    ビットフライヤーやGMOコインなどの運営会社と直接売買します。これらの会社は一定数の仮想通貨を保有しているため、それを売ってもらったり、買い取ってもらったりでき、スムーズに仮想通貨の取引ができます。

    確実に購入できるのは販売所

    ビットコインであれば知名度があり流通量が多いため、ユーザー間での取引でも両者提示した価格が成立しやすいですが、知名度がまだまだのアルトコインともなると、流通量が極端に減少し、提示した価格で購入しづらく、すぐに欲しい人やまだトレードに慣れていない人にとってわずらわしいものです。

    ユーザーのニーズに合わせて事前に必要数の仮想通貨を確保した販売所の販売方法は、購入者側のニーズ(手数料上乗せしても売買したい人)に合わせた合理的な販売と言えるでしょう。

    価格は販売者が決めているので、「取引所」の相場より少し割高ですが一定の数量であれば確実に購入できるのがメリットです。

    注文方法は成行注文のみ

    指値注文と違って価格を指定しない成行注文は、すぐに約定することができます。

    1. 初心者でも取引しやすい
    2. 販売所が提示している金額で確実に購入することができる
    3. 暴騰時(暴落時)でも取引できる

    販売所のデメリット

    一方、販売所で提示した売値と買値との差が大きく、取引所よりも売買する価格は不利になりやすいです。これを「スプレッドが広い」と言います。

    イメージしやすいように極端な例になりますが、取引所の売り買いしている相場が1BTC=90万円の時に、販売所で提示した価格が100万円になっている。その差10万円がスプレッド。スプレッドが広く設けられている分、確実に売買できます。

  • 販売所がその時に提示した価格でしか売買できない
  • 取引所に比べて、買い値は高く、売値は安いので取引所よりも不利な価格になる
  • 1日の取引上限、1回の取引上限が決められていることが多い
  • 販売所のまとめ

    暴騰時(暴落時)においては、仮想通貨を売りたい人が激減(激増)し、ユーザー間での売買は成立しづらくなります。購入したくても買えない一方、販売所での売買は、販売所が仮想通貨の在庫を多く抱えている分、上乗せされた手数料が微々たるものと感じられるくらいの価格上昇が起こっていれば、需要が増え購入したい人がたくさんい発生します。急いで売買したい人は、手数料を多く支払ってもいいのです。

    また、取引所ではパニック状態にも陥っているためサーバーにアクセスが殺到しサイトのスピードが重くなり、最悪の場合トレードできない事態に陥ることもあります(かなりのデメリットです。汗)

    まとめ

    販売所と取引所を使い分けましょう

    これまで見ておわかりのように、取引所の方がお得だということがわかりましたね。

    取引所での指値注文や成行注文は、操作が難しいそうですが、何度か売り買いをするにつれ操作方法は慣れます。
    基本的には取引所を利用して、高騰や下落の時に販売所を利用しましょう。

      仮想通貨が早く欲しい時→ 販売所
      仮想通貨を安く買いたい時→ 取引所
      手数料が安いところがいい→ 取引所
      取引所にないアルトコインがほいい→ 販売所