ウォレットの紹介

仮想通貨投資する上で、特にICOをするにあたって、自分のウォレットを持つことが必須です。
取引所で購入したコインはそのまま取引所のウォレットに保管されます。ICOは取引所からの送金を禁止していることがほとんどです。いったん自分のウォレットに入れた後にICOに送金します。

コインチェックの580億円相当のNEMがハッキングされた事件のように、度々取引所はハッキング被害にあっています。大切な資金を盗まれないようにするためにも、しっかり自分で管理したいものです。

ウォレットの区分

ウェブウォレット

取引所のウォレットのように、業者のサーバーに秘密鍵と公開鍵を保管しておき、所有者はネットでアクセスして入出金します。常にネットにつながっているのでハッキングのリスクが少なからずあります。

デスクトップウォレット

パソコンに秘密鍵と公開鍵を保管しておき、パソコンに入れたアプリを使って入出金をします。ウィルス感染やデーターを誰かに誤送金しない限り仮想通貨を盗まれる心配はありません。ハードディスクの故障に備えて、秘密鍵と公開鍵をコピーしておきましょう。
またスマートフォンタイプもあり、モバイルウォレットといいます。

ハードウェアウォレット

USBメモリのような専用機器にデータを保管しておき、入出金の際にはパソコンにつなげて行います。
ハッキングやウィルス感染のリスクはほぼゼロです。

あなたの資産を守るため↓おすすめ
暗号通貨ハードウェアウォレット

コールドウォレット

秘密鍵と公開鍵を印刷しておく方法です。もちろん送金はできないので
デスクトップウォレットとハードウェアウォレットのバックアップということで使いましょう。